修繕工事

住居やビルなど、大体築15年ぐらいから修繕が必要になります。住居の場合はお住まいになりながら、ビルの場合はお使いになりながら、修繕工事をしていきます。
作業は、まず足場を組むことから始まり、外壁躯体捕手工事やシーリング工事をしてから、外壁の洗浄をし、塗装、防水工事を行います。

Point!

作業がサクサク進んでいき、ひび割れていた外壁などが日に日にきれいになって行く過程を見るのが楽しいし、やりがいを感じます。

躯体補修工事

経年劣化や外壁のひび割れ(クラック)が入った場合、室内に漏水しないように対処するために行う工事です。鉄筋コンクリートの建物は、気温が高いと膨張し、低いと収縮します。長期にわたり膨張と収縮を繰り返すとひび割れが起こります。そこから雨水や生活用水が入り込むと、鉄筋が錆びてコンクリートを持ち上げてしまうことがあります。これを鉄筋爆裂と呼びます。鉄筋に錆の処理をして、モルタルで成形して、補修していきます。
 外壁のモルタルやタイルが、コンクリートから浮いてしまう場合がありますが、その場合はドリルで穴を空けて樹脂でくっつけて補修していきます。
 躯体補修工事は、建物の寿命を延ばす重要な工事となります。

Point!

コテを使ってモルタルで外壁を整形していく作業や、樹脂を入れるためにドリルで穴を空けていく作業は、躯体工事では欠かせないものです。外壁をきれいにする肝の部分なので、作業をしていて楽しさを感じます。

防水工事

防水工事にはおおまかに分けて、ローラーやハケを使ってウレタンを塗るウレタン塗膜防水と、ゴムや塩ビのシートを張っていく防水工事の2種類があります。
 中でもシートを貼る工事には、シートをボンドで張り付ける防水、シートの粘着面をバーナーであぶってくっつけるタイプの防水、下地にドリルでディスクをつけて、ディスクヒーターでシートの粘着面を温めて張り付けるタイプの防水があります。

Point!

下地の材質によって、どの工事が適切かを判断していくことが重要です。どんな下地にも対応できるのが、ディスクをつけてシートを張っていく防水で、どんな下地にも対応できます。いろんなタイプの防水工事を覚えられます。

ページトップへ